乗用車

E-T-Aは標準品だけでなく、オーダーメイドの製品やシステムソリューションも提供します。

サーキットプロテクタ、半導体リレーは予期せぬ不具合の発生を劇的に減少させます。

車載の電動化と自動運転のメガトレンドにより、E / Eアーキテクチャーが急速に変化しています。ハイブリッド車及び電気自動車では、冗長オンボード電動システムが構築され、リレーや保護部品にはより一層高い安全機能の要求が出されます。

E-T-Aは、この高い安全機能を有する製品開発、加えて自動車産業の国際規格ISO 16750およびIATF 16949の要求を満足する、将来の車両のソリューション開発を提案します。

上記の要件を満たす例として、DC48V保護のサーキットプロテクタや半導体リレーを製品化しています。
他にも最大DC1,000 V のスイッチングが可能なハイブリッド式パワーリレーもリリースしています。

静かで摩耗の少ないスイッチング動作

E-T-Aの半導体リレーはノイズなくスイッチングする為、車両のキャビン内に配置が可能です。これにより、既に構築されている車載電動システムにも配置できます。半導体リレーは機械式リレーとは異なり、接点の可動部がなく、接点摩耗に起因する不具合が発生しないスイッチングが可能です。

不具合回避の手段として

市場で発生しうる過電流保護(主にヒューズ)の不具合は、E-T-Aのサーキットプロテクタを使用することにより回避し、車両の信頼性を高めます。

E-T-Aのサーキットプロテクタは、一般的に使用されるATO®およびMINI®の端子ブロック(ソケット)に適合し、一般的なブレードタイプ型ヒューズと取付互換性があります。

CO2排出の削減は必須

E-T-Aの半導体リレーは保持電流が低いため、配電系統の温度を低く抑えられます。電力消費と燃料コスト、およびCO2排出量の削減に貢献します。さらに、半導体による無接点の半導体リレーは、機械式接点を有するリレーよりもはるかに長い寿命を保証いたします。

ダウンロード

乗用車に関する製品資料

Certificate

We are IATF 16949 certified.

German version

English version

Virtual Assistant
Quickselect: Products Jobs Support About E-T-A
Call An Expert
Sie haben Fragen, Anregungen oder Wünsche? Wir beraten Sie gerne.