あらゆる分野の安全

EISENバッテリーとは

E-T-Aは早くからRoHS指令に率先し取り組み、鉛1000ppm以下を基準とするその精神から鉛電池を取り扱いません。そこで安全第一の観点から酸化鉄タイプのリチウムイオン電池を選びました。車・自動車部品メーカーやデジタルサイネージ業界の方々から多くのご支持を頂き、採用は着実に広がっています。サーキットプロテクタの技術と経験を横展開し二次電池システムを開発しました。「絶対に暴走しない」「絶対に燃えない」心配性のプロテクタ屋が開発した最も安全な電池です。また納入前のオリエンテーションから納入後のアフターサービスまでブレーカーメーカーにしかできない安全サイドに立ったきめ細かいエンジニアリングサービスを提供いたします。

特徴と仕様

  • セル:CAEC社製(台湾)
  • セル組込製作:カイレンテクノブリッジ(日本)
  • 容量:300W~150kWh(カスタマイズ可能)
  • 外部安全回路:E-T-Aサポート(日本)
  • 内部二重保護:E-T-Aサポート(日本)
  • 電圧:12V / 24V / 48V
  • 電流:5時間率(0.2C)
  • 充電器(台湾製):非接触充電(日本製)にも対応
  • インバータ(台湾製):矩形波・正弦波各種
  • 安全適合試験:電池に求められる全ての試験に合格

EISENバッテリーの標準仕様

形式 酸化鉄バッテリー 24V40AH 酸化鉄バッテリー 12V80AH
電池容量(Wh) 1000 1000
公称電圧(V) 26.4(3.3V×8) 13.2(3.3V×4)
電気容量(Ah) 40 80
外形寸法 W×D×H(mm) 270.0×195.0×202.4 270.0×195.0×202.4
重量(kg) 11.6 11.6

二重保護はE-T-Aだけ

BMSはユーザの負荷回路を保護しているわけではなくバッテリーを過放電や過充電、過昇温から守ったりバッテリー・セルのバラつきを補正することを目的として具備されます。負荷回路の保護はもっぱらユーザやセットメーカの仕事になっています。
もし、その保護回路の選択が不適切でBMSと正しく連携しなかったら負荷やバッテリーは損傷し万一の場合、重大な事故を引き起こす恐れがあります。その被害は保険でカバーされるとしても回路が発火して全体が焼損した場合はその責任区分(バッテリーメーカの過失かセットメーカか、あるいはエンドユーザか)の判定は困難で、ユーザが仮に訴訟を起こしても第三者の瑕疵を立証することは非常に難しいのです。
図のようにE-T-Aのプロテクタ8345をBMSと組合せることで過負荷による過電流で遮断するだけでなく、BMSの警報信号でも断路することができるのです。
E-T-Aは二重の保護を強く推奨します。