サービス

低電圧開放モジュール

ここでは弊社のウェブ上、またはデータシート内で使われている用語について解説いたします。

入力電圧が下がるとプロテクタが遮断します。電圧が回復しても自動復帰しません。
ハンドツールなど危険を伴うシーンに便利です。

リモートトリップ

外部信号でサーキットプロテクタが遮断します。
非常停止など離れた場所からサーキットプロテクタを意図的に遮断したいシーンに便利です。

操作方法

マニュアルリセット:
サーキットプロテクタが遮断した際に本体のボタンによってリセットが出来る機構となります。
ただし、本体のボタンによってON/OFFをすることはできません。

オートリセット:
サーキットプロテクタが遮断した際に一定時間後に自動的にリセットがかかる機構となります。

モディファイリセット:
回路遮断後、パワーがONである限り、遮断状態を保護し、負荷が取り除かれた後、もしくはパ
ワーがOFFになった後にリセットする機構となっています。
これは手の届かないアクセスの難しい場所への設置に最適です。

プッシュプッシュ:
サーキットプロテクタを本体のボタンによってON/OFFすることができます。
ONの際にもOFFの際にもボタンを押して切替する機構です。

プッシュプル:
サーキットプロテクタを本体のボタンによってON/OFFすることができます。
ONの際にはボタンを引っ張り、OFFの際にはボタンを押して切り替える機構です。

ロッカータイプ:
ボタンの形状がロッカーになっており、ON/OFF操作できます。

トグルハンドル:
ボタンの形状がトグルになっており、ON/OFF操作できます。

スナップアクション

スイッチを操作する速度とできるだけ無関係に、可動接点が一つの固定接点からほかの固定接点に素早く移動できるようにした機構を指します。

プッシュインターミナル

プッシュインターミナルとは、単線または棒端子使用により、ケーブルを挿入するだけで
ケーブルを素早く、簡単に接続できる端子形状を指します。

工具なしで結線が行える上に、配線工数の削減、端子自体の小型化実現による制御盤の
小型化に貢献します。

詳しくはこちらのページを参照してください。